腸年齢の老化を防ぐ「善玉菌」を増やそう





●健康づくりに欠かせない「善玉菌」

「腸年齢」という言葉をご存じでしょうか。この腸年齢の若さをキープすることが、健康づくりのポイントになります。

というのも、腸には食べたものの栄養を吸収する役割のほか、多くの免疫細胞が存在し、外から入ってくる病原菌などから体を守る機能があるからです。

では、腸年齢が若いというのはどういうことでしょう。

腸には、600兆から1000兆もの腸内細菌がすみついているといわれています。

腸内細菌には、健康によい働きがある「善玉菌」、体の不調を引き起こす「悪玉菌」、環境次第でどちらにも変わる「日和見菌」の3種類があります。

このうち善玉菌が優勢な状態にあるのが、腸内環境が整った状態、つまり腸年齢が若いということです。

ところが、加齢とともに悪玉菌は増えていきます。また、食生活の乱れなどから、若い人でも悪玉菌が優勢=腸年齢が老化している人が多くなっています。

img03_03.png

●発酵食品は善玉菌を増やすのにもってこい

善玉菌を増やすのにおすすめなのが、発酵食品です。腸内で発酵が促され、乳酸や酢酸を生成、腸内を酸性にして善玉菌を増やしてくれます。

ヨーグルトは善玉菌の代表格ビフィズス菌をたっぷり含みますし、大豆を発酵させた納豆には、腸でビフィズス菌を増やす働きがあります。

また、豆類や根菜類、玉ねぎなどに多く含まれるオリゴ糖は、ビフィズス菌のえさとなります。

便秘をすると、悪玉菌が増えやすくなります。適度な運動を続けて、便秘をしないようにするのも大切。

野菜や海藻類に豊富な食物繊維も、便通を促して老廃物を排出するのに役立ちます。

腸内細菌のバランスを整え、腸年齢の老化を防いで、全身の健康を守りましょう。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。