思わぬ重症のこともある「低温やけど」に注意!





●「熱い!」と感じなくても、やけどに

暖房器具が欠かせない寒い季節に気をつけたいのは「低温やけど」です。

低温やけどの原因としては、電気あんか、湯たんぽ、ホットカーペット、こたつ、使い捨てカイロなどが挙げられます。

低温やけどとは、「熱い!」と感じない程度の温度(40-50℃)のものに、皮膚が長時間接触し続けて起こるやけどのことです。

「ポカポカして、気持ちいい」と感じるくらいの温度でも、同じ場所に長時間触れていれば、皮膚が損傷を受けてしまう恐れがあるのです。

10851.jpg

●痛みや見た目では判断できない重症度

低温やけどは、時間をかけてゆっくりと進みます。熱さや痛みを感じづらいため、気がついたときには、皮膚の深い部分まで損傷が達していることがあります。

見た目より、ずっと重症であるケースが多いのです。

お料理の際、強火で焦げめができるのが通常のやけど、弱火でじわじわと食品の中心部まで加熱した状態が低温やけど、とたとえることができます。

やけどによる損傷が筋肉まで及んで、手術が必要になることもあります。

とくに、子どもや高齢者は皮膚が薄く、重症化しやすいので注意が必要です。

低温やけどは自己流の手当で済まさず、早めに医療機関を受診しましょう。


●低温やけどを防ぐために気をつけたいこと

低温やけどが起こりやすい状況は、就寝中です。

電気あんかや湯たんぽに、ずっと足の同じ場所が触れていたり、こたつやホットカーペットでうっかり寝てしまったりしたときなど。

眠るときは、電気あんかや湯たんぽは体に触れないように離す、こたつやホットカーペットで寝込まない、使い捨てカイロは直接皮膚に当たらないようにし、長時間では使わない、などに留意してください。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。