眼内レンズを選んで白内障治療を





●濁った水晶体に代えて眼内レンズを挿入

目がかすむように見えづらくなる「白内障」。加齢などが原因で、目の中のレンズである水晶体が白く濁ることで起こります。

紫外線を浴び過ぎると症状が進みやすくなりますが、程度の差はあっても、年をとれば誰でもなります。

治療法も含めて、白内障のことをよく知っておきましょう。

進行した白内障の治療では、濁った水晶体を取り除いて、代わりに人工の「眼内レンズ」を入れる手術が多く行われています。

この手術は広く普及しており、高齢者でも多くの場合、安全に受けられるとされています。

点眼薬で目に麻酔をかけ、超音波で濁った水晶体を砕いてから吸引して取り除き、そのあとに眼内レンズを入れて固定する、という手術が主流となっています。

通常、10-20分で終わり、日帰りで受けることもできます。

pic_type01.png


●くっきり見えやすい「単焦点」

このように手術法自体はすでに確立しているため、最近は眼内レンズ選びに関心がうつっています。

白内障治療で使われる眼内レンズには、主に、焦点がひとつの「単焦点」と、焦点が2つの「多焦点」の2種類があり、それぞれに特徴があります。

単焦点は「近く」、あるいは「遠く」の、どこかひとつに焦点が合うようにできていて、比較的くっきり見えます。

焦点が合わない部分に対しては、めがねなどによる矯正が必要なことがあります。


●近くも遠くも見えやすい「多焦点」

多焦点の場合、「近く」と「遠く」の2点が見やすいよう焦点が調整されていて、めがねなどによる矯正が不要になる場合もあります。

ただし、全体にくっきり感が低くなったり、夜間のあかりがにじんで見えたり、まぶしく見えがち、ともいわれています。

眼内レンズは、さまざまな種類が開発されています。なお、単焦点レンズによる治療には健康保険が適用され、多焦点レンズによる治療は先進医療として認められています。

手術を希望する人は、どのように見えるようになりたいのか、めがねはどの程度使うのか、費用はどれくらいかかるか、などを医師とよく相談して、自分に合った眼内レンズを選ぶようにしましょう。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。