治療薬のないノロウイルスは感染予防が重要






●食品は中心部まで十分に加熱

ノロウイルスが原因で起こる「感染性胃腸炎」は、冬に流行する食中毒としてよく知られています。

例年、11月ごろから発生件数が急増し、12月から翌年の1月ごろがピークとなります。

ノロウイルスは感染力が非常に強く、手指や食品などを介して口から侵入し、嘔吐(おうと)や下痢、腹痛などを引き起こします。

予防のためのワクチンや抗ウイルス薬はないので、感染予防対策が大変重要です。

一般的な感染経路は、ノロウイルスに汚染された食品を十分に加熱しないで食べた場合です

カキをはじめとする二枚貝からの感染が多いことが知られていますが、いまや人の手を介して、どの食品からも感染の危険性があると考えたほうがよいでしょう。

魚介類や肉類などは中心部を85-90℃で、90秒以上を目安にしっかり加熱すること、生野菜は流水で十分に洗ったりすることが望まれます。


●調理前には手洗いを、消毒には塩素系漂白剤を薄めて

人の手を介してノロウイルスをうつしてしまわないように、食事の前、そして調理する人は調理前に、きちんと手洗いする必要があります。

石けんをよく泡立て、手のひら・甲、指の間、指先、爪の中、手首などをこすり洗いしましょう。

あとは流水で十分にすすぎ、清潔なタオルやペーパータオルでふき取ります。

もし家族に患者が出たら、ほかの家族への感染を防ぐ対策をとりましょう。

患者が嘔吐した場合、嘔吐物をふき取った床や周囲の壁、トイレの便座、ドアノブ、ペーパーホルダーなどは、市販の塩素系漂白剤(濃度6%)10mlを、水3Lの割合で薄めた消毒液で十分に消毒します。

汚れた衣類やシーツ、タオルなどは専用バケツを用意して分別洗いし、消毒液に浸してから水洗いしてください。

処理した嘔吐物やおむつ、作業時に使ったエプロン、マスク、ビニール手袋などはポリ袋に入れます。

そこに、塩素系漂白剤(濃度6%)50mlを水3Lの割合で薄めた、ふき取り用より濃い消毒液を振りかけて、密封してから廃棄してください。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。