爪の変化は何が原因?その(1)





●爪の変化は病気が原因となっていることも

指の先を守っている「爪」。硬さがありますが、皮膚の一部であり、髪の毛と同じ「ケラチン」というたんぱく質からできています。

体全体からみると爪の面積はごくわずかですが、その色や形状などの変化から病気の疑いに気付くことがあります。

たとえば、内臓の機能が低下すると、真っ先に影響を受けるのは体の末端の細い血管です。血流が悪くなることで、爪の色や形に変化がみられることがあります。


●肝機能低下で爪全体が白っぽくなることも

健康な爪は薄いピンク色をしていますが、白色や黄色になったり、茶色や黒っぽい線があらわれたりすることがあります。

爪全体が白っぽくなった場合、肝硬変など、肝機能の低下が原因となっていることがあります。

また、爪の下半分が白く、上半分が茶色っぽくなるのは、腎機能の低下による慢性腎不全の場合も考えられます。

爪が黄色くなったときは、肺の病気や糖尿病、心不全などがある場合があります。

また、爪に茶色や黒っぽい線が入るときは、爪の内側でわずかな出血が起きているかもしれ

このような出血は、感染性心膜炎や糖尿病などで起きやすくなります。


●鉄欠乏性貧血に特徴的な「爪がへこむ」

爪が丸く盛り上がったり、逆に爪が薄くなってへこんだりするなど、変形がみられることもあります。

爪が盛り上がるとともに、指先全体が丸くなった場合(ばち状指)は、肺の病気や肝硬変が疑われます。

これらの変化は、血液循環の低下とむくみによるものです。

逆に、爪がへこむのは、鉄欠乏性貧血でみられる症状といわれています。

これは爪の栄養不足よるもので、慢性胃腸炎などでもみられることがあります。



老化を防ぐ抗酸化野菜!!





●老化の一因は活性酸素

しみやしわをはじめとする、さまざまな体の老化トラブルは、活性酸素のしわざによるところが大きいといわれています。

紫外線やたばこ、ストレスなど、活性酸素の“もと"は私たちの周りにたくさん存在します。

活性酸素の害から体を守り、いつまでも若々しさを保つためには、どうしたらいいのでしょう。

活性酸素をやっつけるためには、規則正しい生活をしてストレスをためないなど、ライフスタイルの見直しも必要ですが、抗酸化物質をたっぷりと体内に取り込むことも有効な手段です。


●野菜の色素成分に注目!

抗酸化作用がある栄養素としてビタミンCやEがよく知られていますが、野菜に含まれる色素や香り成分にも、強い抗酸化作用があります。

キャベツのイソチオシアネート、ブロッコリーのクロロフィル、トマトのリコピン、なすのアントシアニン、お茶のカテキン、にんにくの硫化アリル、にんじんのカロテノイドなどです。

ごぼうのアクのもと、クロロゲン酸も抗酸化物質の一つです。


●抗酸化物質の効率的なとり方を知ろう
野菜の抗酸化物質のうち、クロロフィル、リコピンなどは脂溶性なので、油と一緒に調理するとたっぷりとることができます。

ごぼうは切ったあと、アク抜きのために水にさらすことが多いですが、クロロゲン酸は水溶性。抗酸化作用を期待するなら、アク抜きは短時間に抑えましょう。

アントシアニン、カテキン、硫化アリルなども水溶性です。

キャベツや大根に含まれるイソチオシアネートは、細胞が壊れたときに発生します。

熱に弱いので、細かく切ったり、すりおろして生で食べるのがおすすめです。

たくさんの種類の野菜を上手に、たっぷりと食べることは、さまざまな抗酸化物質のほか、食物繊維や各種ビタミンなどの栄養素も摂取することになり、アンチエイジングや健康維持に有効です。

早速今日から、たっぷり野菜の食卓を心がけましょう!



声の「老化」を防ぐ方法は?





●息が「ひだ」のすき間を通ると声になる

若いころに比べると、声がかすれてきた、大きな声が出せなくなった、高い音が出なくなった……これらは「声の老化」の三大症状といわれています。

声の衰えを感じた人は、声帯を守り、鍛えることを心掛けてみましょう。

発声器官である声帯はのどのほぼ中央にある、気道の左右の壁から盛り上がるように出ているやわらかい「ひだ」のことです。

普段、呼吸しているときは声帯のひだは開いていて、声を出すときには閉じます。

肺から出た息は、閉じたひだの間にすき間(声門)を作って通り抜けていきま

このときにひだ、すなわち声帯が振動することで声が出るのです。


●声帯の筋力低下で声が出にくくなる

声帯の構造を知れば、声の老化のしくみが分かりやすくなります。

声帯は筋肉と粘膜、その間のすき間の三層構造になっています。

年をとるにしたがって全身の筋肉が減ってくると、声帯の筋肉もやせて筋力が低下していきます。

すると、左右のひだがしっかり閉じなくなるため、その間を息が通り抜けたときに十分に振動しなくなってしまいます。

その結果、大きな声が出にくくなったり、長く伸びる声などを出しづらくなったりします。

また、声帯の三層のすき間には、肌の保湿成分で知られるヒアルロン酸が入っています

加齢によってヒアルロン酸が減ると、声帯の弾力性も低下して声がかすれやすくなります。


●弾力性の低下で声がかすれやすくなる

声が出にくいと感じるようになったら、両手で壁を押すような踏ん張る態勢から、大きな声で「イーッ」と言ってみると、声帯の筋トレによいといわれています。

暖房で乾きやすい部屋の中では、マスクでのどの乾燥予防を。カラオケをするときなどは、合間に水分をとって声帯の保湿を心掛けましょう。

声帯の粘膜層の機能が低下すると、のどが渇きやすく、痰(たん)が出やすくなります。

声帯の筋トレや保湿で、「若い声」を大切にしましょう。



冬の食中毒にご用心「ノロウイルス」





●冬はノロウイルスの感染が多い

冬にも食中毒が増えています。食中毒には、細菌が作り出す毒素を摂取することで起こる毒素型と、病原菌の感染で起こる感染型があります。

このうち、感染型は細菌やウイルスを原因としますが、冬はウイルス性食中毒が多く、その多くがノロウイルスによるものです。

ノロウイルスは、ウイルス粒子だけでは増えることができず、人間の小腸で増殖します。

便から下水、海に流出し、とくに沿岸部に生息するかきなどの二枚貝の中腸腺(ちゅうようせん)に蓄積されやすいといわれています。

かきは調理で中腸腺を取り除きにくく、また十分に加熱しないで食べる機会も多いため、食中毒が起こりやすいのです。


●生食を避け、食前の手洗いを

ウイルスは十分に火を通すことで殺すことができますから、貝類はできるだけ中心部まで火を通して食べましょう。

生で食べる場合は量を控え、とくに子どもや高齢者、糖尿病などで免疫力が低下している人は、生食を避けるのが無難です。

また、このウイルスを持った人がトイレの後で手をよく洗わずに調理をすると、ウイルスが食品に付着し、汚染された食品が食中毒の原因になることもあります。

ウイルスは流水でていねいに手洗いすると、ほとんど洗い流すことができます。

トイレの後はもちろん、調理前や食事前には必ず手洗いをすることが最善の予防策になります。

ウイルス性食中毒の症状は、かぜによる胃腸炎に似ています。

しかし、食後1~2日後に吐き気に襲われ、嘔吐(おうと)、水のような下痢、腹痛などが起こったときや、同じものを食べた何人かに下痢の症状がある場合は、迷わず医療機関に受診しましょう。



冬の乾燥からお肌を守ろう!





●冬は肌を守る皮脂膜の再生に時間がかかる

空気が冷たく乾燥した冬は、お肌のトラブルが生じやすい季節です。

私たちの肌は、表面を皮脂と汗が混じった皮脂膜に覆われ、潤いを保っています。皮脂膜は入浴や水仕事などの際に流れ落ちますが、通常はすぐに再生します。

しかし、冬は皮脂や汗の分泌が少なくなり、皮脂膜の再生までに時間がかかるうえ、冷たく乾燥した外気や暖房などによって、肌が乾燥しやすいのです。

肌の乾燥が進むと、皮脂膜の下の角質層の細胞間にある水分が失われます。

そして、外部からの刺激物が細胞のすき間から入りやすくなり、肌荒れやかゆみが引き起こされるのです。


●熱いお湯は必要な皮脂まで落ちやすい

普段の生活の中で肌の乾燥を防ぐためには、次のことに気を付けてください。

入浴の際は、38-40℃のぬるめのお湯につかるようにしましょう。

熱いお湯は皮脂が落ちやすく、肌を守るために必要な皮脂分まで失われやすくなります。

顔や体をゴシゴシこすることや、石けんやボディシャンプーの使い過ぎも、肌への刺激になるので気をつけましょう。

水仕事の際にも熱いお湯を使うのは避け、ゴム手袋をつける、食器洗い洗剤を薄めて使う、といった工夫をしてみましょう。


●肌を「濡れっぱなし」にしない

肌の表面が濡れたままだと、水分が蒸発する際に肌の水分まで奪われ、乾燥が進んでしまいます。

手洗いや水仕事、入浴などの後には、水気が残らないようにしっかりとふき取ってください。

その後は、こまめに保湿剤を使う習慣をつけるようにしましょう。

部屋で暖房を使う際は、乾いた温風が直接肌に当たらないようにするとともに、加湿器などを使用して室内の湿度を60%前後に保ちましょう。



認知症は高齢者だけじゃなく「若年性」もある!





●若年性は進行が速く、短期間で重症化も

認知症のなかでも、65歳未満で発症した場合は、「若年性認知症」と呼ばれます。

原因となる病気や症状などは高齢者の認知症と同じですが、若年性は病気の進行が速く、短期間のうちに重症化しやすいといわれています。

認知症なんて高齢者がなるもの、と思い込んでいると治療開始が遅れ、その分、治療が難しくなる恐れがあります。

年齢を問わず認知症に備え、日常生活に支障が出るほどの物忘れなど、気になる症状があれば早めに医師に相談しましょう。


●家族が最初に気付く症状は物忘れ

厚生労働省が2006年度から3年間かけて調べた結果によると、若年性認知症の人は全国に3万7800人と見込まれています。

男性のほうが多く、推定発症年齢の平均は約51歳でした。

この調査によると、家族が最初に気付いた症状として最も多かったのは「物忘れ」で、半数の50%でみられました。

「食べたこと自体を忘れてしまう」「親しい人の名前がすぐに出てこず、教えられても思い出せない」などです。

このほか、「同じところをうろうろする」「物にぶつかりやすい」などの「行動の変化」が28%、「意欲がなくなる」「がんこになる」などの「性格の変化」は12%の人が挙げています(複数回答)。


●更年期障害やうつ病と見分けづらい

若年性認知症が起こりやすい50歳前後は、更年期障害やうつ病も起こりやすく、症状の見分けがつきにくいことが知られています。

物忘れや行動・性格の変化は、程度の軽いものなら誰でも経験することです。

ただし、日常生活に支障をきたすようなら、早めに認知症の専門医を受診することをおすすめします。

重症化しやすいとされる若年性認知症ですが、できるだけ早い段階から適切な治療やケアを受けることで進行を遅らせることが可能といわれています。

治療のタイミングを逃さないように、自分自身、そして家族をはじめ身の回りの人の日常生活での「変化」に注意をはらいましょう。



いきなり大病院を受診すると高くつく





●初診時に5000円以上の上乗せも

「熱が出た」「おなかが痛い」といった、救急車を呼ぶほどでもない体調不良のとき、どうしていますか?

「とりあえず、大きな病院のほうが、いろいろ検査をしてくれて安心だから」と、いきなり大学病院などの大病院を受診する人も珍しくないことでしょう。

2016年4月から、医療の値段(診療報酬)や仕組みが変わりました。

大学病院をはじめとする特定機能病院などの大病院を「紹介状なしで、いきなり受診」という人には、初診時に5000円以上の追加負担を求めることが義務付けられ、医療費が「高くつく」ことになりました。


●安易な大病院受診を減らして医療を効率化

今回の見直しで、上乗せされる金額の詳細は次のとおりです。
・初診の場合5000円(歯科は3000円)以上
・再診の場合2500円(歯科は1500円)以上
救急医療や公費負担医療などは、対象となりません。

従来の「上乗せをしてもよい」から、「しなければいけない」と義務化したことで、医療費が高くつく仕組みになり、安易な大病院受診を減らそうという方針がいっそうはっきりされたわけです。

その背景には、医療機関の役割分担を明確にして、大病院は専門性の高い診療を行い、一般的な診療はまずかかりつけ医などの診療所や中小の病院が行うという、医療の効率化を図るねらいがあります。


●高度な治療を必要としている患者を守る

とくに大病院で診てもらう必要のない人が押しかけると、本来、大病院でしかできない高度で専門的な医療を必要としている患者への対応が、手薄になってしまう恐れがあります。

「安易な大病院受診で、必要な検査や治療を受けられない患者さんが増えてしまう」かもしれません。

通常の受診では、まずかかりつけ医などの“街のお医者さん"に診てもらい、大病院で診てもらう必要があると判断されたら、紹介状を書いてもらって大病院を受診しましょう。

こうした受診の心得を守ることが、余分な出費を抑え、大病院を必要としている人たちの医療を守ることにつながります。



整腸作用だけじゃない! 乳酸菌の健康パワー





●私たちの健康に役立つ「善玉菌」

乳酸菌というと、「おなかの調子を整えてくれるよい菌」とか、「ヨーグルトやチーズに豊富」といったイメージをお持ちの人が多いのでは。

私たちの腸には、たくさんの細菌がすみついています。そのなかで、乳酸菌は健康に有益な働きをしてくれる、「善玉菌」の代表です。乳酸菌自体が善玉菌であるだけでなく、ほかの善玉菌のエサとなって増やしてくれる役割も持っています。


●風邪やインフルエンザにかかりにくくなる

乳酸菌の健康効果として整腸作用がよく知られていますが、ほかにも免疫力をアップする効果が注目されています。

乳酸菌には、私たちの免疫システムで重要な役割を果たしているNK(ナチュラルキラー)細胞を、活性化する働きがあることがわかっています。

そのため、乳酸菌をとり続けることで、風邪やインフルエンザにかかりにくくなったり、アレルギー症状を改善する効果が期待できるというのです。


●乳製品以外にも乳酸菌を含む食品はある

「乳酸菌が体によいことはわかったけれど、実はヨーグルトやチーズが苦手」という人もいるかもしれません。

そんな人でも大丈夫! 乳酸菌が含まれているのは、乳製品だけではないのです。

たとえば、日本の伝統食品である味噌や漬け物などの発酵食品にも、乳酸菌が多く含まれています。

また、韓国のキムチや中国のザーサイ、インドのチャツネなど、乳酸菌を含む食品はさまざまな国に存在します。

なお、外から摂取した乳酸菌は腸にとどまることができず、いわば保存がきかないため、毎日補給することが大切で



甘い言葉に注意!・・・美容医療に潜むリスク・・・





●金銭的なトラブルだけでなく、健康被害も

今や人気の美容医療は、プチ整形やリフトアップ、豊胸、脂肪吸引など、その内容が多様化しています。

一方で、美容医療に関連するトラブル相談が多発。全国の消費生活センターなどに寄せられる相談件数は、2013年以降、毎年2000件を超えています。

とくに多いのは、勧誘方法や広告をめぐるトラブルで、説明不足や強引な勧誘、高額な費用請求などに関する相談が相次いでいます。

また、施術によって体に何らかの健康被害を受けたという相談も増えています。術後の痛みをはじめ、発疹やかぶれなどの皮膚障害、脱毛した際のやけどなどです。


●リスクもあることを理解しておく

美容医療に関するトラブル相談には男性から寄せられたものもあり、その半数以上を占めるのが包茎手術に関する相談です。

相談内容としては、手術後の痛み、腫れ、施術部分が裂けた、出血が続く、組織の壊死(えし)といった症状のほか、性機能障害、排尿障害などの機能的な問題が生じているケースもあるそうです。

メリットばかりに目が行きがちですが、美容医療にはさまざまなリスクもあるということを、きちんと理解しておくことが重要です。


●情報をうのみにせず、十分納得できるまでは契約をしない

美容医療に関するトラブルを回避するには、まずは情報をうのみにしないこと。

そして、複数の医療機関で話を聞くなど、事前に十分な情報収集を行いましょう。

また、美容効果だけでなく、リスクについてもしっかりと説明を受けるほか、術後の見通しや費用面なども含め、十分に納得できるまでは契約をしないことも大切です。

万一、トラブルにあってしまった場合は、早めに消費生活センター(局番なしの188)などへ相談しましょう。



室内でも油断禁物─冬に気をつけたい低体温症






●高齢者、幼児、持病のある人は要注意

「低体温症」とは、体の深部の体温が35℃未満の状態をいいます。

深部体温が34℃以下になると意識がもうろうとし始め、さらに低下すると、血圧低下や不整脈、呼吸抑制などが起こり、命にかかわります。

低体温症は、冬山や水難事故などの特殊な状況で起こると思われがちですが、日常生活の中でも起こり得ます。

しかも、室内での低体温症の例もみられます。

高齢者や幼児、糖尿病のある人や脳梗塞を起こしたことがある人は、低体温症になりやすいとされています。

とくに、高齢者は気温に対する感覚が鈍っていることに加え、若い時よりも平熱が低くなっているため、低体温症になるリスクが高いといわれています。


●暖房器具を適切に使って冷えないように

一般的に体温といえば、体表の温度のことであり、通常、家庭では体の深部の体温を測ることはできません。

このため、日常生活で低体温症を確かめることはできません。

ただ、その予防のためには、屋外ではもちろん、室内にいるときも、体の熱を逃がさないように工夫することが効果的です。

暖房器具を適切に使用し、室温は20-22℃を下回らないようにします。エアコンが苦手な人は、ホットカーペットや床暖房など、ほかの暖房器具を活用してください。


●重ね着で空気の層をつくって熱を逃がさない

服装は、衣服を重ね着すると、空気の層ができて保温効果が高まります。

保温機能が高く、重ね着しやすい薄手のものを上手に利用しましょう。下着は、汗が乾きやすい素材のものを選ぶことがポイントです。

また、首や手首、足首には、体表近くに太い血管が通っているため、この部分を温めることも保温に効果的です。

温まった血液が全身をめぐり、体を温めます。ネックウォーマーやレッグウォーマーなどもよいでしょう。

適度な運動や入浴で体を温め、全身の血流をよくすることも大切です。

気温が低くなるこれからの季節、暖房などの生活環境だけでなく、体調管理にも気をつけましょう。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。