流行のジビエ、ヘルシーなのは?





●いつもと違った肉料理で食事を楽しく

シカやイノシシ、カモなど、野生の鳥や動物の肉である「ジビエ」がブームになっています。

日本での狩猟は、鳥獣保護管理法で管理されており、11月15日から翌年2月15日までが狩猟期間と定められています(北海道のみ10月1日から翌年1月31日)。

この期間が、ジビエのシーズン。いつもとは違うジビエ料理で会話がはずみ、食事がいっそう楽しくなるかもしれません。


●シカ肉は脂質が少なく鉄分が多め

なかでもシカ肉は、たんぱく質や鉄分が多めで、脂肪分やエネルギー量は少なめというヘルシーさが注目されているようです。

ジビエ消費の拡大に対応して、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」には、ニホンジカ(エゾシカ)赤肉の項目が新たに加わっています。

同成分表によると、和牛のモモ赤肉100gあたりに含まれるたんぱく質は21.3gであるのに対してシカは22.6g、鉄分は和牛2.8gに対してシカ3.4gと多くなっています。

一方で、脂質は和牛10.7gに対してシカは約半分の5.2g、エネルギー量も和牛193kcalに対してシカ147kcalとヘルシーです。

イノシシの場合、脂身つき肉で比べると、和牛や豚のモモ肉より脂質がやや多めです。

肉の種類ごとの特徴をよく知って、ジビエを健康に取り入れたいものです。


●生食はせずに、十分に加熱する

今のところ、ジビエはスーパーで気軽に購入できる体制になっていません

ジビエ料理をメニューに出しているレストランや、専門の小売店などを訪ねるか、ネット販売などを利用することになります。

ジビエ料理では、E型肝炎ウイルスや腸管出血性大腸菌などの感染が、非常に心配されています。

絶対に生では食べず、中心部まで火が通るようにしっかり加熱する、といった注意が必要です。

厚生労働省でもホームページで、「ジビエ(野生鳥獣の肉)はよく加熱して食べましょう(http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000032628.html)」と呼びかけています。

header_logo_mhlw.png


冷え性の人のための冬の快眠法





●冷え性だと体温を下げられずに寝つきにくい

冷え性に悩む女性は少なくありません。とくに「冬になると、手足の冷えでなかなか眠れない」という声をよく聞きます。

人は体の内部の熱を放散して体温を徐々に下げることで、眠りにつきやすくなります。

しかし、体の表面が冷えていると、それ以上に体温が下げられないため、寝つきにくくなってしまうのです。


●厚いパジャマや、温め過ぎは逆効果

だからといって、温め過ぎは禁物。厚手のシーツやパジャマを使ったり、部屋の暖房や電気毛布を一晩中つけていたりするのは、かえって睡眠を妨げることになりかねません。

厚手の寝具やパジャマは摩擦が大きく、寝返りをしにくいので寝苦しさのもとに。

また、暖房などでずっと温度が高い状態だと、体温が下がりにくいので熟睡しにくくなります。

さらに、乾燥で目が覚めやすくなったり、風邪などの病原菌の感染を招く原因になったりもします。


●体がじんわり温まる工夫や運動習慣も

おすすめの快眠グッズは、レッグウォーマーや腹巻きなど。

冷えやすい部分を温めることで寝つきやすくなり、睡眠中も邪魔になりません。

レッグウォーマーなどは、締めつけのゆるいものを選ぶことがポイントです。

睡眠前に体をじんわりと温めておくのも効果的です。

就寝の1時間前までにぬるめのお湯にゆっくりつかる、やや熱めのお湯で足湯をする、などがおすすめです。

ホットミルクやハーブティーを飲むのもよいでしょう。

運動習慣を身に付け、普段から血液循環をよくしておくと、手足を含め、全身を冷えにくくできるとされています。

冷え性の人でも、ちょっとした工夫と生活習慣の改善で快眠は可能です。できることから、試してみてください。



進化するマスク事情、目的別に使い分けよう





●かぜには保湿性が高くウイルスを通さないものを

かぜをひいたときや、花粉症の季節に活躍するマスク。最近は、さまざまな機能を持ったマスクが登場していますが、目的に合わせて選べばさらに効果的です。

のどの粘膜が乾燥すると免疫力が衰え、かぜをひきやすくなります。

かぜの予防には、のどの乾燥を防ぐ保湿性の高いものや、ウイルスの侵入を防ぐ高密度のフィルターつきのものを。

かぜをひいてのどが痛むときは、夜もマスクをしたまま眠ると、症状の改善が早くなるという報告があります。

睡眠中は唾液の分泌量が少なく、口の中が乾きやすくなっています。マスクをすることで、寒い冬は保湿とともに保温もできるので、のどを保護する効果があります。


●花粉症には顔にフィットするものを

地域によっては、昨年より飛散量が多くなりそうだと予測されているスギ、ヒノキなどの花粉。

その対策用のマスクは、花粉を通さないフィルター機能があり、隙間から花粉が入り込まないように顔にぴったりフィットする、立体型のものがおすすめです。

できれば毎日取り替えられる、使い捨てのものがよいでしょう。

現在、立体型で高機能の使い捨てマスク(不織布製マスク)が普及しつつあります。

顔の大きさに合わせて数種類のサイズが用意されたものや、耳が痛くならないようにやわらかい素材が使われているものなど、種類も豊富です。

女性向けには、印象をやわらげる色つきのものや、口紅や化粧品がついても対応できるように工夫されたマスクも。

マスクは目的に合わせて選び、効果的に予防に役立てましょう。



先手の対策でインフルエンザにかからない!





●規則正しい生活で免疫機能を強化●

インフルエンザの流行シーズンが近付いています。

今のうちから「先手の予防対策」で、インフルエンザに負けずにシーズンを乗り切りたいものです。


対策1.予防(ワクチン)接種を受ける
インフルエンザのワクチンの効果は、接種の約2週間後からあらわれ、約5カ月続きます。できれば、11月の終わりまでには受けるようにしたいものです。


対策2.免疫の働きを強化する
体外から侵入してくるウイルスなどの異物から体を守る働きが「免疫」。その強化の基本は、規則正しい生活です。

1日3回、できるだけ同じ時間に、栄養バランスのとれた食事をとり、夜は熟睡感のある睡眠がとれるように心がけましょう。


●流行期には手洗いや室温・湿度の調節●

インフルエンザの流行期に入ったら、次のような感染予防対策をしっかりと続けましょう。


対策3.ていねいな手洗い
インフルエンザウイルスの主な感染経路のひとつは、手を介した接触感染です。流行期は、あらゆるところでウイルスが手に付着する可能性があります。

外出から帰宅したときや、調理・食事の前などは、石けんを使って手のひら・甲、指の間、指先や爪の間、手首などを入念に洗いましょう。


対策4.室内の温度・湿度を適正に
インフルエンザウイルスの空気中での感染力を下げるには、室温20℃、湿度50-60%を目安に、「冷えと乾燥」を防ぎましょう。

エアコンや電気ストーブは室内を乾燥させるため、加湿器を適切に使うとよいでしょう。



体の老化を防ぐ抗酸化ビタミンを含む食品&補給のコツ





●活性酸素が体を酸化=老化させる

呼吸などで体内に取り込んだ酸素は、エネルギーをつくり出しながら「活性酸素」を発生させています。

活性酸素は電子の数が奇数の物質。通常、電子は2個ずつペアになって安定するので、活性酸素は電子をほかの物質から奪おうとします。これを「酸化」といいます。

体内で酸化が進むと、皮膚ならしみやそばかすができたり、細胞や血液にダメージを与えます。

例えば動脈硬化の一因である酸化変性LDL はLDL-コレステロールが酸化したものです。

活性酸素の発生は、紫外線や排気ガス、喫煙、ストレス、食品添加物などと大きくかかわっています。

ですから私たちの環境を考えると、健康な体を保つためには、活性酸素に打ち勝つ「抗酸化物質」を積極的に体内に取り込む必要があるのです。


●ビタミンEやカロテンはいためると吸収率が高まる

抗酸化物質の代表格は「抗酸化ビタミン」です。主なものにビタミンC・E、カロテンやセレニウムなどがあります。

それらを含む食品と、効率的な体に取り入れるコツは――。

緑黄色野菜や果物などに多く含まれるビタミンCは熱に弱いため、生のままやジュースにするとよいでしょう。

下ごしらえに電子レンジなど使うと栄養の損失を防げます。

種実類や緑黄色野菜、植物性油などに多く含まれるビタミンE、トマトやにんじんなどの緑黄色野菜に多く含まれるカロテンは、いためたり、揚げたりして油と一緒に調理すると、体内での吸収率が高まります。

ただし食べすぎは、油のとりすぎにつながるのでほどほどに。

魚介類や牛肉、玄米などに多く含まれるセルニウムは、ビタミンEと一緒にとると抗酸化作用が高まります。



メタボ・生活習慣病の予防食として注目・・・玄米の健康効果・・・





●玄米には精白米よりも栄養がしっかり残っている

健康志向が高まるなか、玄米がメタボや生活習慣病といった、いわゆる現代病を予防するための健康食として注目を集めています。

玄米は、米の外側のもみ殻だけを取り除いたもので、芽が出てくる部分の胚芽や米ぬかが残っています。

胚芽にはビタミンB群、ビタミンE、ビタミンK、ミネラル類などが、米ぬかには良質なたんぱく質、脂質、食物繊維などが豊富に含まれています。

胚芽や米ぬかを取り除いてある精白米よりも、玄米のほうが栄養価が高いといわれるのはそのためです。

玄米は、便秘解消のほか、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病の予防に役立つとされています。


●発芽玄米に豊富な注目の新成分「ギャバ」

また、玄米をわずかに発芽させた状態の発芽玄米もあります。

発芽玄米には、ギャバという成分が、玄米以上に豊富に含まれています。

ギャバは、脳細胞の代謝を活発にする、精神を安定させる、血圧を安定させる、血中脂質や血糖値を下げる、腎機能・肝機能を改善する、アルツハイマーを予防するなど、さまざまな効果が期待される成分です。


●毎日の食卓においしくとり入れるにはは

栄養バランスに優れた玄米は、ぜひおいしく食べたいもの。

白米と比べると少し硬いので、慣れるまでは白米に少量を混ぜて食べるとよいでしょう。

雑炊やお茶漬けなどにすると、硬さが気にならず食べやすくなります。

玄米は精白米よりも消化が悪いので、よく噛んで食べるようにしましょう。

炊いた玄米とひき肉を半々にして、ハンバーグやロールキャベツのタネにするなど、おかずとして食べるのもおすすめです。



和食生活で健康&スリムな体を手に入れる!





●献立や調理法などで全体的に低脂質に

ユネスコ無形文化遺産にも登録された「和食」。日本独自の食文化に加え、ヘルシーさでも世界的に注目を集めています。

和食の基本的なスタイルは、一汁三菜。ごはんを主食に、汁物、おかず3品が添えられるというスタイルです。

ごはんには、パンやパスタと違い、それ自体に油脂や砂糖が含まれていません。さらに、ごはんを主食にすると、それに合わせておかずは、焼き魚や野菜の煮物、おひたしなど、低脂質のものにできます。

また、和食は焼く、煮る、蒸す、ゆでる、和えるといった調理法が中心です。揚げたり炒めたりする調理法と比べると、使用する油の量が少なくすみます。

こうして全体的に脂質の量が抑えられることによって、肥満を予防し、食べ物を消化・吸収する際の内臓への負担も減らすことができます。


●和食で太りにくい体に

和食では季節の野菜や豆類、海藻類、魚介類など、多彩な食材が使われます。そのため、現代生活では不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維などもまんべんなくとることができます。

栄養バランスが整うと体の代謝機能が高まり、食べたものを熱エネルギーとしてしっかり消費できるため、太りにくくなります。肥満予防は、アンチエイジングにもつながります。

さらに、ごはんは腹もちがよいことも大きな特徴です。食間に空腹を感じにくくなるため、間食防止や間食の食べ過ぎを防ぐことができます。

このように、和食は健康やダイエットにおいて、さまざまなメリットをもたらしてくれるのです。


●和食の貴重なたんぱく源・大豆製品をしっかりとる

海外でも、ヘルシーな食事として認められている和食。そんな和食の健康効果を、より高めるためのポイントを紹介します。

(1)ごはんは食事の最後に食べる
ごはんは腹もちがよく、適量をきちんととることで、脂質の多いおかずや間食の食べ過ぎを防げます。食事の最後に食べて、糖質吸収を抑えましょう。

(2)みそ汁の塩分に気を付ける
和食の弱点のひとつは、塩分過多になりやすいこと。減塩のみそを使うなど、塩分のとり過ぎには注意。ただし、発酵食品であるみそには、腸内環境を整えるなどの効果が期待できます。

(3)豆類を食べる
豆類はたんぱく質やビタミン類、ミネラル、食物繊維などを豊富に含みます。豆腐や納豆などの大豆製品をしっかりとりましょう。

(4)海藻類を食べる
食物繊維やミネラル類が豊富で、低エネルギーです。


●和食の弱点を補い、いろいろなものを食べる

(1)1日1食は魚を食べる
魚には、動脈硬化の予防に役立つEPAやDHAが豊富です。肉料理はせいぜい2日に1回のペースで。

(2)卵や牛乳・乳製品もとる
和食中心で気を付けたいのは、たんぱく質・カルシウム不足。これらを補うために卵や牛乳・乳製品もとりましょう。

(3)めん類は具だくさんに
うどんやそばなど、めん類は野菜などの具を多めにして栄養バランスを整え、つゆは残すようにします。

(4)調理法は煮る、焼く、蒸すを中心に
油を控えた調理法で、脂質とエネルギーを抑えます。

大切なのは、いろいろなものを、適量を守って食べること。塩分のとりすぎやたんぱく質不足になりがち、といった和食の弱点を補いつつ、より健康的な食事をめざしましょう。



生活習慣病のリスクを高める睡眠不足






●糖尿病のリスクが1.5-2倍高まる

睡眠不足は、肥満のほか糖尿病や高血圧といった生活習慣病と深い関係があります。

食欲を抑えるホルモンであるレプチンは、睡眠が不足すると分泌が減ります。

その一方で、食欲を増進するホルモンであるグレリンの分泌が増えることがわかっています。

そのため、慢性的な睡眠不足は食べすぎを招き、肥満を引き起こすことになります。

また、睡眠不足になると、血液中の血糖をエネルギーに変えるインスリンの働きが低下してしまいます。

さらに、血糖値を上昇させる働きがある糖質コルチコイドというホルモンの分泌も増えます。

そのため、糖尿病を発症しやすくなったり、糖尿病がある人は症状が悪化しやすくなったりします。

実際、不眠のある人が糖尿病になるリスクは、そうでない人の1.5-2倍になるといわれています。



●交感神経が活発になり血圧が上昇

睡眠不足は、血圧にも影響を与えます。

通常、日中は交感神経が活発になり、心臓の働きを活発にして心拍数を増やします。

一方、睡眠中は体を休息させる副交感神経が優位になり、心拍数や血圧が低くなります。

ところが睡眠不足が続くと、眠っている間も交感神経の働きが活発な状態が続いてしまいます。

血圧が高いままになって血管にも負担がかかるため、高血圧の発症を招きやすくなるのです。

睡眠不足から糖尿病、高血圧などの生活習慣病になったり、症状が悪化したりすると、心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる病気の発症リスクも高まります。

毎日適切な睡眠をとることは、健康を守るためにとても大切なことなのです。



海外での下痢を防ぐために―現地での飲食のポイント





●2人に1人は海外旅行で下痢をする

夏休みに海外旅行を計画している人も多いことでしょう。

現地で体調を崩してしまっては、せっかくの旅行が台無しですから、体調管理には十分に注意したいものです。

海外旅行者の病気で最も多いのは下痢です。半数以上の人が、旅行先へ到着してから5日以内に下痢をするといわれています。

下痢の原因はさまざまで、疲労やストレスによるもの、慣れない水や食事によるもの(ミネラル分の多い水、香辛料の強い料理など)、ウイルスや細菌などの感染症によるものなどがあります。

感染症の主な感染源は、原因菌に汚染された食べ物や水です。

感染リスクは渡航先によって異なりますが、アフリカや南アメリカ、中東、アジアなどの発展途上国は、リスクが高い地域とされています。このような地域に旅行する人はとくに、現地での飲食に気をつけましょう。


●生水・生ものは厳禁

衛生状態の悪い地域では、生水や生ものを口にすることは厳禁です。

水はできれば市販のボトル入りのものを。水道水は飲む前に沸騰させてください。

見落としがちですが、飲み物に入った氷は生水で作られている可能性があるので要注意です。

食べ物は完全に火が通ったものを。ただし、調理されていても、時間がたった保存状態の悪い料理は避けたほうが安心です。

生水で洗われているかもしれない生野菜や皮をむいたフルーツ、また、殺菌されているかどうかわからない乳製品なども食べないようにしましょう。

そして、飲食の前には石けんで手洗いを忘れないこと。それがない場合は、アルコールハンドジェル(アルコール分60%以上)の準備を。

それでも下痢をしてしまったときは、十分な水分補給を心がけましょう。たいていは数日で治まりますが、帰国してからも下痢が続く場合は医療機関の受診を。

帰国後に下痢が始まる場合もあります。その場合、受診時に海外へ行っていたことを忘れずに伝えましょう



睡眠時間と血圧との深い関係





★睡眠時間が短いと高血圧になりやすい★

健康診断などで高血圧、またはその予備群だといわれた人も多いのではないでしょうか。

そんなあなたは、十分な睡眠時間を確保できていますか?

実は近年、睡眠時間が短いと高血圧になりやすいことがわかってきています。

米国の研究では、睡眠時間が5時間のグループは6時間のグループに比べると、高血圧になる割合が37%も高くなっていたことが報告されています。


★健康な人の血圧は睡眠時には低くなる★

血圧は1日の中でも常に変動しています。

健康な人の場合の血圧は、通常、日中の活動時には高く、睡眠時には低くなります。

これは、交感神経と副交感神経の働きによるものです。

日中に優位となる交感神経には、心臓の動きを活発にして血圧を高くする作用があり、反対に睡眠時に優位になる副交感神経には、心臓の動きを抑えて血圧を低くする作用があります。

しかし睡眠時間が短いと交感神経が優位の状態が長く続き、血圧が高いままとなってしまうのです。

「血圧が高めだから」と、塩分を控えたり、適度な運動をしているのに血圧が下がらないという人は、もしかしたら睡眠不足が原因なのかもしれません。


★睡眠は時間の長さだけでなく質も大事★

睡眠時間の長さだけでなく、睡眠の質も大切です。

高血圧の人の約1割は、睡眠時無呼吸症候群であるといわれています。

自分では気づきにくいのですが、睡眠時間を十分にとっているのに日中に眠くてたまらないという人は、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。

とくに、肥満の人には起こりやすいので要注意です。

高血圧を放置すると動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす危険が高くなります。

質のよい眠りと十分な睡眠時間の確保で、高血圧を改善し、命にかかわる病気を予防しましょう。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。