急な発熱! どう対処すればいい?





●発熱の原因は「環境」「感染症・けが」★

急に高い熱が出ると、子どもはもちろん、大人でも心配になります。

発熱には、大きく2つの原因が考えられます。熱中症のように環境が原因で熱が上がる場合と、感染症やけがなどに対する体の反応から熱が上がる場合です。

熱中症が疑われる場合は、すぐに体を冷やすとともに、水分・塩分を十分に補給することが肝心です。


●安易に解熱薬を使うのは控えて★

対応に迷うのは、感染症やけがによる発熱です。

このときの熱は、体の防御反応により、体に侵入してきた病原体と戦うことで発生します。

熱を上げて病原体を増えにくくしている、と考えられています。

熱っぽく感じるなら体を冷やし、高熱で悪寒(おかん)がして震えているようなときは、逆に体を温めるようにします。発熱による脱水に備え、十分な水分や電解質の補給も忘れないように。

このような、体の防御反応として発熱している場合は、買い置きなどの解熱薬で無理に熱を下げることは控えて、体を休めることがよいとされます。

発熱で日常生活に支障をきたすようであれば、市販の解熱薬服用などの“素人療法"に頼るより、受診することが肝心です。

とくに乳幼児の発熱は、早めの受診が求められます。


●自分の平熱を知っておこう★

こうした発熱時の対処法を知るとともに、自分の平熱を把握しておくことも重要です。

たとえば同じ38℃の発熱でも、平熱が35℃台の人と36.5℃くらいの人では、症状の出方や受診が必要になるタイミングが異なるのは当然です。

いつもより、どれくらい熱が高くなっているのかを確かめるためにも、ときどき体温を測って、自分の平熱を知っておきましょう。

また、発熱は高熱のときだけでなく、微熱程度でも、長く続くようなときは要注意。

結核やがんなど、重大な病気が隠れている場合も考えられるからです。微熱であっても、「なかなか平熱まで下がりきらない」という場合は、早めに受診しましょう。



秋の新豆の栄養効果を見逃さないで!





●栄養豊富な豆にはうまみもたっぷり

今年も新豆の季節がやってきました。

10月13日は「豆の日」。ふだんあまり豆を食べないという人も、この機会に豆料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

豆料理は和食には欠かせませんが、日本人の豆類の摂取量は減少傾向にあります。

調理に手間がかかる、というイメージがその一因かも。

乾燥豆は水にひたして戻してから、さらに煮たりゆでたりしますが、それが面倒という人は少なくないようです。

しかし、豆はとても栄養豊富であり、健康づくりにおおいに活用したい食材です。

自分でゆでる豆には、自然の甘みやうまみがあり、缶詰では味わえないおいしさがあるでしょう。


●食物繊維やミネラル類が多い優秀食材

豆には、大豆や落花生、あずき、金時豆、えんどう豆など、昔から食べられてきたものがたくさんあります。最近ではひよこ豆やレンズ豆など、海外でよく食べられている豆も見かけるようになりました。

どの豆にも共通しているのが、食物繊維が豊富ということです。

野菜だけで1日の食物繊維の目標値をとるのはなかなか難しいのですが、料理に豆をプラスすると、ぐっととりやすくなります。

ビタミン類では、ビタミンB群を多く含んでいます。また、カルシウムや鉄、カリウム、マグネシウム、亜鉛など、通常の食事では不足しがちなミネラル類が多いのも特徴です。

大豆や落花生では、豊富なたんぱく質も魅力です。豆は肉に比べて脂質が少ないので、メニューに組み込むことで、脂質を控えながらたんぱく質をとることができます。

大豆の場合、ほかにもLDLコレステロール値を下げるレシチン、抗酸化作用の強いサポニンなど、生活習慣病予防に役立つ栄養素も多く含んでいます。

豆だけではたくさんとりづらいものですが、サラダやスープ、煮込み料理などに加えれば、手軽にとることができます。

調理や食べ方にひと工夫して、「豆」のおいしさと栄養を、上手に生かしてみて下さい。



手洗い、マスク、睡眠でインフルエンザに備える





●外出後、食前は石けんで手洗いを

インフルエンザの主な感染経路は、接触感染と飛沫感染です。

流行シーズンには感染予防と感染拡大を抑えるための心がけが、とくに重要になってきます。

このうち接触感染は、インフルエンザウイルスが付着した手を介して、口や鼻、目などの粘膜からウイルスが体内に侵入して起こります。

インフルエンザの流行シーズンには、多くの人が触れたものには、ウイルスが付着している可能性が高いと考えられます。

外出から帰ったときや、調理や食事の前などには、石けんを使って手を洗いましょう。

石けんを泡立て、20秒以上かけて、手のひら、甲、指の間、指先、爪の間、手首までしっかり洗ってください。


●咳をしている人はマスクの着用を

飛沫感染は、患者の咳やくしゃみで飛び散った飛沫(見えないほど小さなしぶき)に含まれるインフルエンザウイルスを、鼻や口から
吸い込むことで起こります。

感染予防のためには、流行期にはできるだけ人ごみへの外出を控えたほうがよいでしょう。

マスクは、患者の咳やくしゃみで飛び散る飛沫によるインフルエンザウイルスの拡散を、ある程度抑える効果があるとされています。

咳やくしゃみなどの症状がある人は、マスクを着用しましょう。

一方、マスクの内側は適度な湿り気が保たれるため、のどの乾燥を防いで防御機能の低下を抑える効果が期待できます。


●自宅療養のポイントは睡眠と水分補給

突然の高熱や筋肉・関節の痛み、全身のだるさなどの症状を自覚したら、インフルエンザを疑い、早めに医療機関を受診しましょう。

抗インフルエンザ薬は、発症から48時間以内に使い始めることで、十分な治療効果を発揮します。

医療機関を受診してもしなくても、回復のためには自宅で安静に過ごすことが大切。自宅療養のポイントは、次のとおりです。

・安静にして十分な睡眠をとる。
・発熱による脱水症状を防ぐため、こまめに水分や経口補水液をとる。
・部屋を暖かくして(20℃程度)、適度な湿度(50-60%)を保つ。



睡眠中呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」





●7時間以上の睡眠中、無呼吸が30回以上

睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん=SAS)は、睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。

判断基準は、10秒以上の無呼吸が、7時間以上の睡眠中に30回以上、または睡眠1時間に平均して5回以上起こることです。

原因のほとんどは、睡眠中に空気の通り道である上気道やのどがふさがって、呼吸ができなくなるものです。

SASが心配な点は、十分な睡眠がとれず、日中の眠気や集中力の低下のために事故などを引き起こす可能性があることです。

またSASの患者さんの多くには、高血圧や脳卒中、糖尿病などがみられ、合併症などの恐れも出てきます。



●夜中に何度もトイレに起きるのは要注意


★SASかどうかのチェック方法です。

1.体型チェック
SASの患者さんの多くに共通する体型の特徴は、「あごが小さい」「首が短い」「おなかが大きい」の3つ。

肥満の人に多くみられますが、それが原因で生じる病気というわけではありません。

2.いびきチェック
あお向けになるといびきが大きくなる、音が強くなったり弱くなったりする、一晩中ずっと続く、などは要注意。

そのほかに、家族に無呼吸を指摘された、息苦しくて目が覚める、何度もトイレに起きる、口の中やのどが渇く、胸やけがするなど、2つ以上当てはまるものがあれば要注意。

さらに、日中に強い眠気がある、だるい、仕事に集中できない、などの症状がある場合は、早めに医療機関を受診しましょう。



睡眠不足のあなたのための、上手な昼寝法





●午後2時ごろは眠くなって当然の時間

午後イチの会議やデスクワーク、学校の授業などで、ついウトウトしてしまったことはありませんか。

これは昼食でおなかが満たされたことに加え、体内時計によって、人の体は夜中の午前2時ごろと昼の午後2時ごろに、眠気が強くなるようにできていることも影響しています。


このように昼間によく眠くなる人は、眠気をこらえて作業効率を低下させるより、可能であれば、お昼休みの間に「ちょい寝(昼寝)」を取り入れてみるのはどうでしょう。



●昼寝は15-20分で切り上げ、寝過ぎない

昼寝ですから、横になって布団に入る必要はありません。

横になると寝過ぎる恐れがあるため、むしろ、机にうつ伏せになったり、椅子やソファにもたれかかったりするような姿勢がよいとされています。

机にうつ伏せになるときは、腕を枕にせず、クッションを用意して頭を置くようにすると、腕の圧迫をなくすだけでなく、おなかの圧迫を軽減できます。


ただし、寝過ぎると夜の睡眠の妨げになります。昼寝の時間は、20代までの若い人たちは15分以内、50代くらいまでは20分以内、それ以上の高齢者でも最大30分以内にとどめましょう。

スマホのタイマーなどを利用して、熟睡する前の「ちょい寝」のうちに切り上げてください。

昼寝の前に、コーヒーなどのカフェイン入り飲料を飲んでおくと、20-30分後に覚醒作用があらわれ、昼寝から目覚めるのにちょうどよいといわれています。


昼寝をする時間帯は、午後3時までに。それより遅いと、夜の睡眠の妨げになります。

また、いつも同じ時間帯に昼寝をすると、夜の睡眠への影響を少なくできます。



●夜眠れないのは、心身の異常の場合も

昼間に眠気を感じるのは、夜に十分に眠れていないサインでもあります。「眠れない」ことは、心身の異常につながっている恐れもあります。

昼間に強い眠気を感じる日が続くようなら、夜更かしで睡眠不足になっていないかなどを見直し、生活リズムを規則正しくするように心がけてください。

もし、夜眠れずに、昼間の仕事や日常生活に支障をきたすほど眠くなる場合は、一度かかりつけ医に相談することをおすすめします。



野菜ジュースへの過信に注意





●野菜を食べなくていい、わけではない

野菜をたっぷり食べる生活が健康にいいことがわかっていても、毎日続けるのは難しい……そんな人に人気なのが、野菜ジュース。

飲みやすいものや栄養価の高い野菜を使ったものなど、たくさんの種類が出回っていますし、手軽に飲むことができます。

ただし、「野菜ジュースさえ飲んでいれば、野菜を食べなくても大丈夫」というわけではありません。


●ジュースへの加工時に失われる栄養素も

厚生労働省「健康日本21」は、1日に350g以上の野菜をバランスよく食べることを目標としています。

しかし、350gの野菜を食べた場合と、350gの野菜を使った野菜ジュースを飲んだ場合とでは、得られる栄養量に違いがあります。

一般に、ジュースをつくるために野菜を粉砕・加熱するなどの加工の段階で、ビタミンやカリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維などの栄養素が少なくなったり、失われたりしてしまうからです。

また、栄養素のなかには、調理で油と一緒にとることにより、吸収率がアップするものもあります。

そのため、栄養の面からみて、食事で野菜を食べることと、野菜ジュースを飲むことは、同じとはいえないでしょう。


●含まれる塩分量やエネルギー量もチェック

そのほか、飲みやすくするために食塩が含まれていたり、果汁がブレンドされたりしている製品もあります。

その場合、塩分量や果汁に含まれる果糖で増えたエネルギー量・糖質に注意したいところです。

製品によって野菜ジュースに含まれる栄養素もまちまちなので、パッケージの表示をチェックしてみましょう。

市販されている野菜ジュースには、栄養素が添加されているものもありますし、ジュースでとるほうが効率のよい栄養素もあります。

野菜ジュースの栄養を過信し過ぎず、食事の補助として上手に利用して、健康づくりに役立てるのがよさそうです。



ストレス解消…のつもりが依存症に!?





●本人や周囲に悪影響が出ていないか●

趣味に没頭することは、ストレス解消に効果的です。ただ、一つのことにあまりにのめり込み過ぎると、趣味や好みというより「依存症」の恐れが出てきます。

どこまでが趣味や好みで、どこから依存症なのか。両者を分けるポイントは、「本人や家族・周囲の人の生活や健康に悪影響が出ているかどうか」です。

例えばショッピング。お財布の中身に合わせてショッピングを楽しむのは、もちろん問題になりません。

これが支払えるかどうかお構いなしに、借金を重ねてでも買い続けてしまうようになると、本人にも家族にも悪影響が出て“買い物依存"の恐れがあります。


●「より強い刺激」「やめられない」は依存かも●

アルコールやニコチン(たばこ)の依存症はよく知られていますが、依存の対象は買い物やギャンブル、インターネット(ゲーム)など、さまざまです。

次のような行動や考え方に当てはまるようなら、単なる趣味のつもりが依存症に陥っているかもしれません。

(1)同じことを頻繁に繰り返す。
(2)繰り返しながら、より強い刺激を求めてエスカレートする。
(3)自分の意思だけではやめられない。
(4)依存の対象が常に頭から離れない。
(5)周りからみれば、(1)-(4)に当てはまっているにもかかわらず、自分は依存してはいないと思い込もうとする。


●人と関わり、さまざまな方法でストレス解消●

のめり込み過ぎて依存症に陥るケースの共通点として、ストレス解消法が一つに偏っていることや、人とのコミュニケーションがない、あるいは不足していることなどを挙げることができます。

このため、依存症を避けて趣味や好みを健康的に楽しむためには、一つに偏らないさまざまなストレス解消法、それも人との関わりがある方法を身につけるようにするとよいでしょう。



薬の効果を引き出す正しい使い方





★服用するタイミングや服用法を守る

病気やけがの治療に使われる薬は、正しく使われてこそ効果が期待できます。
その反面、使い方を誤ると、危険があるという側面も持っています。
薬との正しいつき合い方を知っておくことは、健康を取り戻すために重要です。

(1) いつ服用するか
処方薬でも市販薬でも、説明書の注意を守ることが基本中の基本。
そのひとつが服用のタイミング。「食前」は食事の約30分前。「食直前」は食事の前5分前後。「食後」は食後約30分以内。「食間」は食事中ではなく、前の食事と次の食事の間。「就寝前」は就寝約30分前。
「頓服(とんぷく)」は食事と関係なく、症状が起こったときに使います。

(2) 水か白湯で服用する
薬は十分な量の水か白湯で服用します。水不要のタイプもありますが、それ以外は水なしで飲もうとすると、薬がのどや食道に貼りついて、炎症が起こることも。また、ジュースやお茶、牛乳、アルコールなどで服用すると、薬との相互作用で悪影響が出ることがあるので避けましょう。

(3) 服用し忘れたら
薬の種類によって、服用回数や間隔、食事とのタイミングなどが効果に影響することがあります。
薬を服用し忘れてしまった場合の対応策を、事前に医師や薬剤師に確認しておきましょう。


★かかりつけ薬局やお薬手帳を活用する

(1) 副作用が起こることも
処方薬でも市販薬でも、薬では副作用が起こる可能性があります。服用したあとに発疹、かゆみ、体調の悪化などがあったら、薬を使うのをやめて、すぐに医師や薬剤師に相談をしてください。

(2) 飲み合わせに注意
別の薬やサプリメント、飲食物などと一緒に服用すると、薬の効果が強まったり弱まったりするなど、思わぬ作用があらわれることがあります。
これを防ぐには、薬局をかかりつけの1カ所に決め、お薬手帳も1冊にまとめて、薬を購入するときには必ず提示して薬剤師にチェックしてもらうとよいでしょう。



ストレスにはさまざまな組み合わせで対処しよう!





●対処法が偏ると新たなストレスに

ストレスを感じたとき、みなさんはどのように対処していますか? ひとつの方法に偏っていませんか?

ストレス対処法がひとつに偏ると、依存症などに陥る危険性があり、発散するつもりが、新たなストレスをつくってしまう恐れがあるのです。

そんな事態を避けるには、さまざまなストレス対処法を身に付けておくとよいでしょう。


●「気晴らし」「積極行動」「あきらめ」「回避」の4型

ストレス対処法は、大きく次の4つのタイプに分けることができます。

1.気晴らし型…好きなことで発散させるタイプです。趣味やスポーツなどで、とりあえずストレスを発散しますが、問題が解決されるわけではないので、発散の効果は一時的です。

2.積極行動型…ストレスに正面から向き合い、積極的に問題解決を図るタイプです。がんばりすぎて、心身に無理がかかる恐れがあります。

3.あきらめ型…ストレスを感じながらも、仕方がないと現状を受け入れてしまうタイプです。あきらめがクセになって、意欲低下からうつ状態になるケースも。

4.回避型…ほかのことに極端にのめり込んでストレスを回避しようとするタイプです。ギャンブルにのめり込めばギャンブル依存、食べ過ぎで肥満、飲酒や喫煙ならアルコール依存・ニコチン依存、などの恐れが。


●さまざまな対処法を組み合わせよう

どんな対処法ならよいのか、悪いのかということではありません。

たとえば、回避型では行き過ぎると弊害になることもありますが、たまにならば問題にならないでしょう。

ストレス発散の方法は、人それぞれです。

ここで紹介した4つの対処法以外にも、ストレス対処法はいくつもあることでしょう。

偏らないように、さまざまな方法を組み合わせて対処していくのがおすすめです。



硬度で選ぶミネラルウォーターの利用法!





●軟水はまろやか、硬水はキレのある味●

ミネラルウォーターとひと口にいっても、さまざまな種類があります。

その分類の仕方の一つに「硬度」があります。

水に含まれるカルシウム、マグネシウムの量を数値化したもので、その量が少ないものが「軟水」、多いものが「硬水」です。

WHO(世界保健機関)の分類では、硬度120以上が硬水です。

硬度が低いほど味はまろやかでクセがなく、硬度が高くなるとキレのある味になります。


●ダイエットや骨粗しょう症予防には硬水●

日本の水は軟水で、日本人の体質にもなじんでいますが、目的に応じて硬水と飲み分けると、健康づくりに役立てることができます。

例えば、ダイエット。硬水の中でも、より硬度の高い「超硬水」が、利尿作用や便秘解消効果にすぐれているのでおすすめです。

また、カルシウムを豊富に含む硬水は、骨粗しょう症予防にもよいでしょう。

ただし、腎臓に負担がかかるので、腎臓に疾患がある人は、硬水の飲みすぎには注意が必要です。


●料理にはその土地の水が一番●

料理に使う水も、使い分けることで仕上がりに差が出ます。

肉を煮るときは臭みを抑えてアクを出やすくする硬水がぴったり。

パスタも硬水を使うとコシが強くゆで上がります。

ごはんを炊いたり、だしをとったりするのは軟水で。米のぱさつきを抑え、昆布やかつおのうまみをより引き出してくれます。

緑茶も軟水が向いています。硬水では、ミネラルがタンニンに反応し黒ずむことがあります。

コーヒーは、まろやかにしたいときは硬水、風味を強くしたいときは軟水でいれます。

日本の水は軟水、欧米に多いのは硬水。つまり、その土地の水が合うのです。水に合わせて料理が発達してきたともいえるでしょう。



スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。