AEDの普及が心停止の救命率を飛躍的に上げた






●AED措置が行われると助かる率は5倍

心臓病で心臓の動きが急に止まってしまった人に、電気ショックを与えて心臓の動きを回復させる自動式体外除細動器(AED)の普及によって、AEDの措置が行われた場合の急病人の生存率が、行われなかった場合に比べて5倍も高いことがわかりました。

これは総務省消防庁が、平成17年中に救急車で運ばれた心肺停止の例を分析してわかったものです。

それによると、救急隊や市民によってAEDによる除細動措置が行われた4800件のうち、1カ月後に生存していたのは840件、約17.5%に上りましたが、除細動が行われなかった例での1カ月後の生存例は3.5%にすぎませんでした。

心臓が正常なリズムを失った状態(細動)を心臓マッサージなどで回復させるのは難しく、その状態を放っておくと1分経過するごとに7〜10%の割合で助かるチャンスが失われるといわれています。

このため一刻も早く細動を取り除く必要がありますが、このときに活躍するのがAEDなのです。



●平成16年から一般人も使えることに

以前はこのAEDの使用は医師や救命救急士などにしか許可されていませんでしたが、16年7月から、わが国でもアメリカ並みに一般の人でも使えることになりました。

現在では役所、保健所、消防署、駅などの公共的な施設のほか、ショッピングセンターやホテルなど人がたくさん集まる場所に設置されるようになっています。

「AED」と表示された卓上電話機ほどの大きさの装置が設置されているのを、見たことはありませんか?

AEDは重さ2〜3kgで、持ち運びは簡単。

使う場合も医学的な専門知識はほとんど必要ありません。

電源を入れたら音声ガイドの指示通りに簡単な操作を行うだけです

できるだけ多くの人がAEDの存在と役割を知り、万一のときに使う勇気を持つことが急な心臓停止の救命率を高めることにつながります。



糖尿病の怖さは合併症、早期発見が大切





●無症状のまま進行する

糖尿病の怖さは、初期には自覚症状がない点にあります。

幸運にも健診で糖尿病の疑いを指摘されても、無症状なので治療しなかったり、治療を途中で中断しがち。

気づいたときには重い合併症を発症していることが多いのです。

糖尿病は進行すると、血中の糖を排泄するために尿量が増えてのどが渇きます。

また糖がエネルギーにならないので、疲労感、無気力、体重減少が起こります。

さらに、神経が侵されて小さな傷に気づかずに化膿したり、免疫が低下して感染症にかかりやすくなります。

血管も障害を受けます。目の網膜(もうまく)の血管が障害されて網膜症に、腎臓の毛細血管が侵されて腎症に、脳の血管が侵されて脳卒中に、心臓の血管が侵されて心筋梗塞や狭心症に、というように多くの危険にさらされます。

高血糖に高血圧、高脂血症、肥満を合併した状態は「死の四重奏」と呼ばれています。

こうなると動脈硬化が進行して、突然死さえも招いてしまいます。



●75gブドウ糖負荷試験が有効

怖い合併症の発症を避けるには、健診などで早期発見し、予備群の段階から血糖コントロールに配慮することが大切です。

一般的な糖尿病の検査には、空腹時の血糖を測る空腹時血糖、食後の血糖を測る随時血糖、75gのブドウ糖を飲んで2時間後に測る75gブドウ糖負荷試験があります。

血糖の異常はまず食後の高血糖として現れます。

ですから、食後の高血糖を見つけることが早期発見になるのですが、食事内容や経過時間に左右されることもあり、最も有効なのは、75gブドウ糖負荷試験とされています。

家族に糖尿病患者がいる、肥満しているなど糖尿病リスクが高い人には、75gブドウ糖負荷試験をおすすめします。



糖尿病予防策は肥満解消+食事改善+運動





●BMI22を目標に減量しよう

ふつう、朝の空腹時血糖値が126?/dl以上だと糖尿病が疑われます。

血糖値のコントロールで最も大切なことは肥満解消です。

肥満で脂肪細胞が増大すると、インスリン抵抗性を高める物質の分泌が増え、インスリンの作用が低下して血糖値を上げるからです。
肥満の判定にはBMI(ボディ・マス・インデックス=体格指数)が用いられます。

BMI25以上が肥満、22が標準です。22を超える人は、次の計算式を参考に、22を目標に定めて少しでも体重を減らしましょう。
◎BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
◎標準体重=身長(m)×身長(m)×22


●朝抜き、夜ドカ食いをやめよう

糖尿病やその予備群の人によく見られる食生活が「朝抜き、夜ドカ食い」。

しかも、早食いの人が多いようです。このような食事スタイルは栄養が偏りやすく、夜の過食は脂肪をためて肥満を招きます。

糖尿病を予防する食べ方は、?朝食を抜かずに3食規則的に?よく噛んでゆっくり食べる?薄味にする?エネルギーの少ない野菜料理から食べる?エネルギーの高い油を多く使った料理を控える?ながら食いはしない?アルコールは適量に?満腹よりは腹8分目――\これらを心がけ、食べ方を少し改善するだけで、確実に効果が出るでしょう。


●ウオーキングを始めよう

運動習慣も予防に役立ちます。

中でも呼吸の苦しくない有酸素運動には、血糖値を改善して脂肪代謝や心肺機能を増進し、ストレスを解消するといった効果があります。おすすめなのは、誰でも簡単に始められるウオーキング。

1回に30分以上、週に3回以上行います。ただし50歳以上で初めて始めるという人は、医師に相談してからにしましょう。



血液サラサラになる食生活はこれだ!





●女性は50歳代、男性は40歳代からドロドロが増えてくる

中高年になると、血液中の中性脂肪やコレステロールが増え、血液がドロドロになる高脂血症の人が多くなります。

女性の場合、更年期を迎えた後、50歳代になると高脂血症になる人が急激に増えてきます。

これは、女性ホルモンのエストロゲンの減少が影響して、血液中のLDL(悪玉)コレステロールが増えてくるため。

男性の場合は、丼物や脂っこい物の食べすぎ、アルコールの飲みすぎなど、高エネルギー・高脂肪の食生活に運動不足も加わって、40歳代ころから高脂血症を起こす人が多くなります。


●緑黄色野菜と青背の魚、大豆食品を毎日とってサラサラに

ドロドロの血液をサラサラに改善する代表的な食べ物は、緑黄色野菜、青背の魚、大豆食品。ピーマンやにんじん、トマトなどの緑黄色野菜には、血管の変性を防ぐ抗酸化作用や、血管を詰まらせるもとになる血栓(けっせん)を防ぐ抗血栓作用があります。

毎食色とりどりの緑黄色野菜をたっぷり食べたいもの。

さんまやさば、あじなどの背の青い魚には血液中のコレステロールを減らし、血栓をできにくくするDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が多く含まれています。

メインのおかずには肉よりも、積極的に魚を食べるのがおすすめ。

大豆に含まれるレシチンやサポニンという成分には、抗酸化作用があります。

また、大豆に含まれるイソフラボンには、エストロゲンと似た作用があり、コレステロールを下げるように働きます。

毎日1食は豆腐や納豆など大豆食品のメニューを加えるようにしましょう。



ダイエット中の外食5原則






●低エネルギーに抑える

ダイエット中は、エネルギー量や栄養バランスを考えた料理を自宅で作って規則正しく食べるのが理想です。

仕事や友だちの付き合い上、“高エネルギー・高脂肪になりがちな外食"も避けられないことがあるかもしれませんが、ダイエットの努力をむだにしないために、できるだけ低エネルギーに抑える外食メニュー選びのポイントを覚えておきましょう。


★脂質の少ない野菜料理を中心に

油を使った料理は控え、肉や魚も脂肪の少ないものを選びます。

ビタミンやミネラルが豊富な野菜は、エネルギーを抑えながら栄養バランスをとるにはベストな食材。

なるべく野菜が多めなメニューを選び、最初にたっぷり食べると満足感も早く得られます。


★食べるのに時間がかかるメニューを

殻つき、皮つき、骨つきなど、食べるのに手間と時間がかかりそうなメニューは、食べすぎを抑えるにはおすすめ。


★遅い時間は少なめに

空腹時間が長いほど、体はその後の食事のエネルギーを吸収してしまいます。

残業後に外食になるときは、夕方6〜7時くらいにおにぎりやバナナなど軽めの食事をとり、深夜のドカ食いを防ぎましょう。


★間食、アルコールはほどほどに

肥満の原因は、女性は間食、男性は酒の席での食事といわれています。

かといってこれらを完全にやめるとストレスになりかねません。“ほどほどに"を心がけましょう。


★食事を楽しむ

ダイエットはがまんしすぎると長続きしません。反動がきて過食を招いたりもします。

エネルギーが高そうな脂肪の多い料理でも、食べたいときは“少しだけ"食べるようにして、食事を楽しむ気持ちを大切にしましょう。





居酒屋ヘルシー注文術






●酒の肴は食べ方に注意!

男性の肥満の一大原因に、「会社帰りの居酒屋での一杯」があげられています。

お酒のエネルギーが高いわけではなく、一緒に食べる高カロリーの肴(さかな)に問題があります。

楽しく酔うにつれ、食欲のコントロールを失ってついつい食べすぎてしまう、ということもよく起こります。

「アルコールは適量を守り、食欲のハメをはずさない」ことが、肥満防止の一番の鉄則ですが、肴を注文するとき、次のような心得も役に立ちます。


★まず冷ややっこ、枝豆、肉じゃがから
脂質の少ない料理から注文しましょう。
冷ややっこ、枝豆、肉じゃが、おひたし、野菜の煮物など。これらはたんぱく質を含むなど栄養的にも優れ、満腹感も得られやすいメニューです。

★揚げ物より、さしみや焼き魚
から揚げや天ぷらなどの揚げ物を注文しがちですが、外食は脂質が過剰になりやすいので、揚げ物は1品だけにしたいもの。さしみ、焼き魚、煮魚がおすすめ。

★4人なら野菜3品+肉・魚2品
4人で飲むなら、野菜料理3品、肉と魚で2品と覚えておきましょう。
これなら栄養バランスも整います。これで腹六分目ほどなら、ラストにお茶漬けを食べてもいいでしょう。

★ドレッシングはノンオイルを
野菜をたっぷりとれるサラダは外せませんが、ドレッシングに入っている植物油は意外と高カロリー。
なるべく少なく使うか、できたらノンオイルを選びましょう。

★鍋物の最後にうどんやごはんは禁物
野菜、きのこ類、豆腐、魚や肉など栄養バランスがよくヘルシーな鍋物。
といっても最後のスープにうどんやごはんを入れて食べると、エネルギーオーバーになりやすいので要注意!



朝食抜きの習慣を変えよう






●仕事効率が悪くなる

朝、ぎりぎりまで寝ていて朝食をつくる時間なんてない、あるいは、もう習慣になっていてずっと食べていない、という人が男女を問わず多くいます。
けれども“朝食抜き"が体に及ぼす悪影響は、思っている以上に深刻なのです。

★太りやすい
朝食を抜くと、昼食や夕食をつい食べすぎてしまったり、間食に甘いお菓子を食べてしまったりで、一日の摂取エネルギーがオーバーしがち。また長い空腹時間は、次の食事の消化吸収をさかんにし、かえって肥満を招きます。

★便秘になりやすい
朝食は腸へ刺激を与え、朝の排便を促してくれます。
朝食を食べないとこのリズムが乱れ、便秘になりやすくなります。

★集中力が保てなくなる
脳はブドウ糖のみをエネルギー源として活動します。
朝食抜きでは、午前中、脳がエネルギー切れのまま活動しなければならず、仕事や勉強の効率悪化を招きます。



●おいしく食べて体調を整える

朝食をおいしく食べるためには、適度な空腹感が必要です。そのためにまず、寝る4時間ほど前には夕食をすませ、夕食後はできるだけ間食などしないようにします。

そうすると、朝の空腹感がいつもより早い目覚めを誘い、朝食が楽しみになることでしょう。

また「食べられない」という人は、ヨーグルト、牛乳、野菜ジュースなどのど越しのよいものから口にして慣らし、栄養バランスの
よい朝食をとれるようにしましょう。



目の疲れは心と体の疲れからかも






●目の疲れがひどくなると眼精疲労に

厚生労働省によると、現在、働く人の約50%が疲れ目やかすみ目に悩まされているそうです。

パソコンをはじめ、デジタルメディアの普及に伴う目の酷使が引き金になっているようです。

長時間の読書やパソコン作業による健康への影響には―目がショボショボする・目が乾く・目がかすむ・目の奥が痛む・焦点がぼける・白目が充血している、などの症状が起こります。

目の疲労感や重圧感だけではありません。

ひどくなると身体的・精神的にも影響を及ぼし、疲労や頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどの症状が起きることがあります。

これらは一般的に眼精疲労といわれています。



●目や体のSOSかもしれない

眼精疲労の原因には、さまざまなものがあり、大きく分けると―目の異常(遠視や近視、乱視、ドライアイなど)・体の異常(自律神経失調症、高血圧、貧血、月経異常など)・精神的なもの(不眠、ストレスなど)・環境的なもの(VDT症候群、シックハウス症候群など)があげられます。

眼精疲労はこれらの原因が重なって起きることが多いため、精神的なストレスやVDT症候群など環境や周囲の状況に起因することが推測される場合は、改善や解消を図るようにしましょう。

そうでない場合は、目や体の病気が隠れている可能性もあるので、なるべく早く眼科で受診するようにしましょう。



過敏性腸症候群の解消はこれだ






●快腸ライフは生活習慣の改善から

ストレスなどで起きる過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)のほとんどは、生活習慣を改善し、腸の調子を整えることで、便秘や下痢などの症状が治まります。

まず食生活を見直すことから始めましょう。

1日3食規則正しくとり、腸を刺激するような香辛料や肉類など、脂質の多い食品を控えます。

暴飲暴\食やアルコールの飲みすぎも避けましょう。

特に朝食をしっかりとることが大切です。

朝食後は、便意がなくても毎朝必ずトイレに行き、排便のリズムをつけるようにしましょう。

そして、ストレスをとり除くためにリラックスタイムを作りましょう。

脳の興奮を鎮めるために音楽を聴いたり、趣味を楽しむ時間をつくることをおすすめします。



●市販薬の使用はほどほどに

便秘を解消しようとして、下剤を飲むと下痢になる、下痢を止めようとして、整腸剤を飲むと便秘になるといったように、市販薬の使いすぎで症状が悪化することもあります。

おなかの調子を整えるために、多少の市販薬を使うのは構いませんが、なかなか改善しない場合は医療機関を受診するようにしましょう。

過敏性腸症候群は、ストレスが深くかかわっています。

体のどこかに異常があって起こるわけではありません。

あまり気にしすぎるとなかなか改善されなくなってしまうので、できるだけ気楽におなかの調子とつき合うようにしましょう。

どうしても不安感や緊張感がなくならない場合は、専門医に相談するようにしましょう。



ストレスから起こる過敏性腸症候群






●体に異常がないのに下痢や便秘が繰り返して起こる

下痢や便秘、腹痛を繰り返すのに、検査をしてもどこにも異常がない…。

こんな状態を過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)といいます。

このようなトラブルは、多くの人が経験することですが、症状が悪化すると“電車に乗ってもひんぱんにトイレに行きたくなって途中下車する”“商談中でもトイレが近くにないと不安”など、日常生活に支障が出て、肉体的だけでなく精神的にも疲れてしまいます。

過敏性腸症候群には、大きく分けて3つのタイプがあります。

*下痢型…慢性の下痢が続くが、強い下痢ではなく体重の減少もない。比較的男性に多い。
*便秘型…便意があっても便通がない。コロコロとしてうさぎのふんのような便や、ゆるい便が少ししか出ない。比較的女性に多い。
*交替型…下痢が数日続いた後に今度は便秘が続くといったことを繰り返す。

これらのどれも腹痛やおなかの張り、おなかのゴロゴロ感などを伴います。

体重減少、血便、食欲低下などは伴いませんが、睡眠不足や疲労、不安、緊張などがあると下痢や便秘がひどくなるという特徴があります。


●腸は緊張やストレスの影響を受けやすい


過敏性腸症候群が起こるのは、ストレスと深い関係があります。

腸は緊張や不安、疲労などの影響を受けやすく、ストレスが続くと自律神経が乱れて下痢や便秘が起こりやすくなります。

しかも、仕事や家庭でのストレスから腸の調子が悪くなると、“またトイレに行きたくなるかもしれない"という思いがさらにストレスとなって、症状が続いてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。




スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男性
血液型 : A型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。