周囲とのつながりが老後の健康に





●健康には周囲との「つながり」も大切

健康づくりといえば、食事、運動、睡眠といった生活習慣の見直しが大切です。

それ以外にも、高齢者を対象にした調査から、老後の健康には、人や地域との「つながり」がかかわっている可能性が明らかになってきました。

周囲と「つながる」ために体を動かし、脳を使うことが健康につながると考えられています。

健康な老後を見据え、若いころから人や地域との「つながり」を意識してみませんか。

11310.jpg


●ボランティア活動で海馬の衰えを抑える

脳の中の海馬(かいば)という領域は、記憶を中心とした認知機能を支えていますが、年齢とともに萎縮していきます。

しかし、子ども向けの絵本の読み聞かせボランティア活動に参加した高齢者は、参加しなかった人に比べて、加齢に伴う海馬の萎縮が抑えられていたそうです。

これは東京都健康長寿医療センターが、このボランティア活動が始まったときと、その6年後の海馬の状態をMRI検査で確認して比べた結果です。


●介護予防サロンに通うと認知症予防にも

また、介護予防を目的に、軽い体操や簡単なゲームをしたり、おしゃべりをする「憩いのサロン」が各地に開設されています。

こうしたサロンに積極的に通うことで、認知症発症の危険度も下がる可能性があることが示されています。

これは日本福祉大学などのチームが、地域の高齢者を7年間追跡して、サロンに参加した人(年間4回以上参加)と、参加しなかった人(参加が年間3回以下)で、認知症発症がどれくらい違ってくるのかを調べたものです。

この結果、サロンに参加した人は、しなかった人と比べて認知症発症の危険度が約30%低くなったことがわかったのです。


●適度に友人に会うと糖尿病の危険度減少

友人に会って話すことはストレス発散になり、体を動かすことにもなります。

適度に友人と会っている高齢者は、あまり会わない人に比べて、糖尿病の危険度が減少することも明らかになっています。

これは広島大学などの調査によるものです。

それによると、1年に数回以下しか友人に会わない人に対し、1カ月に1-4回ほど友人に会っている人では、コントロールされていない(血糖値が高いままの)糖尿病の危険度が約50%に減少。

一方、友人がいない人では危険度が約4倍という結果でした。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619





テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

よく見えることは認知機能にいい





●水晶体が濁る白内障は誰にでも起こる

カメラでいうとレンズにあたる目の水晶体は、本来は透明です。

「白内障」は、この水晶体が白く濁って、ものがぼやけて見えたり、二重に見えたりする目の病気です

進行すると視力が低下し、やがて失明に至る恐れもあります。

白内障は年をとれば誰でも起こり得る一般的な病気であり、紫外線により症状が進みやすくなります。

早い人では40代から発症するケースもあり、80代になると、程度の差はあってもほぼ全員が白内障になる、ともいわれています。

この白内障を治療して視力が回復すると、認知機能が改善して認知症になりにくくなる可能性があることがわかってきました。

11307.jpg


●見えやすいことは認知機能に好影響

筑波大学で白内障の手術を受けた患者を対象にした調査では、手術によって視力が改善して「見えやすく」なると、認知機能を測るテストの点数が高くなりました。

また、うつ症状が改善し、QOL(生活の質)も向上する傾向が確認されました。

ほかにも、奈良県立医科大学の大規模な調査によると、視力がいい人は視力が悪い人に比べて、認知機能が高く維持され、認知症のリスクが低い傾向があることが明らかにされています。


●見えないと脳への刺激が減って機能低下も

脳に送られる情報の8割は、目から得ているといわれています

このため、適正な視力が得られないと脳へ送られる情報が減り、これが長期化すれば脳への刺激が減って働きが低下する、と考えられます。

ものが見えにくいことで、外出したり、人と会って話す機会が減ったりすることも、脳への刺激が減ることになり、認知機能低下につながる恐れがあります。

さらに、白内障で水晶体が濁ると、眼球の奥の網膜に光が十分に届かなくなります。

すると、生活リズムをコントロールするホルモンに影響が及び、生活のリズムが乱れて、これも認知機能を低下させかねないと考えられています。

白内障に限らず、「見えにくさ」を感じたら、そのままにしないで、早めにきちんと治療しておくことが大切といえそうです。

=========================================================

LINE@始めました!
よろしかったら友達登録してね!(^^)!
友だち追加



【小野達也(たっちゃん)LINE@】友達募集中!

★スマホの方は、こちらをワンクリックすると、LINE@に無料で登録できて、
僕のLINEに直接メッセージを送ることができます。
https://line.me/R/ti/p/%40uts1493m

★LINE ID検索してLINEに友達追加する場合は、こちらのIDで検索してください。
→@uts1493m

★僕の師匠の佐々木啓太さんがネットビジネスで月収1億円を稼いでいる方法を紹介しています。
実際のどうのようにして月収1億円を稼いでいるのか?
また配当金システムやお金を生み出す仕組みについて完全公開しています。
http://keitasasaki.info/lp/15127/708619



テーマ : 健康で元気に暮らすために
ジャンル : 心と身体

スポンサードリンク
検索フォーム
プロフィール

食道楽たーちゃん

Author:食道楽たーちゃん
FC2ブログへようこそ!

性 別 : 男 性
血液型 : A 型
職 業 : 会社員
出身地 : 東京都

たーちゃん (管理者) がよく行くお店で、美味しかったところや評判良いお店の紹介ならびに自身の時事ネタや健康コラムを記していきます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードリンク
美容品・健康食品紹介
定期的に更新していきますので、参考にどうぞ。